スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー (2007・米)

005.jpg


あらすじ



探検家を祖先に持つサムは冴えない高校生。やっとのことでオンボロのスポーツカーを手に入れたものの、同じ高校のミカエラを家に送る途中に車はエンスト。せっかくの関係を深めるチャンスもどこかしまらない。その日の夜、彼のスポーツカーが突然家から走り去った。自動車泥棒だと思い必死で追いかけるサム。その先で彼は常識を疑うような光景を目にする。それは、巨大なロボットが歩き回る姿だった…。



こんにちは、ちひろです。
ロボットってね・・・苦手だと決めてかかってたから、今更の鑑賞だったんだけど、思ってたよりは楽しかったよ!
ロボットだからね、最初から最後までCGすごかったけど・・・

ストーリーは人類を守るために宇宙からやってきた悪いロボットと良いロボットの戦いなんだけど、なぜにあそこまで体張って人間を守ろうとするのかイマイチ分かりにくいんだけど、良いロボットと人間との友情みたいな、けっこう安いドラマ的なんだけど、なんと言っても私はすっごい酔っ払いだったので、なんと号泣してた

しらふで見たら絶対泣いたりする映画じゃなかったはずだけど・・・
酔った状態で観た映画のレビューなんて書くもんじゃないのかもしれないね。ごめんなさい。
アニメみたいだった。





☆3つ
スポンサーサイト

死ぬまでにしたい10のこと (2002 スペイン・カナダ)

D112235028.jpg


あらすじ


23歳のアン(サラ・ポーリー)は、失業中の夫、ドンと、2人の娘とトレーラー暮らし。彼女の毎日は、清掃の仕事と娘たちの世話で過ぎていく。ある日、突然の腹痛で病院に運ばれたアンは、ガンを宣告され、余命2、3ヶ月だと告げられた。頭が真っ白になった後、ぼんやりしたアンの頬に、涙がつたう。トレーラーに戻ると、1年がかりの工事の仕事が決まったドンが喜んでいる。アンは、病気のことを内緒にしたまま、夜更けのカフェで「死ぬまでにしたい10のこと」をノートに書き始めた…。


こんにちは、ちひろです。

すっかり見たつもりになってたこれ、なぜか記憶にないと思ったら、観てなかったよ

死の宣告を受けた主人公が、残された人生でやることをリストアップしていくんだけど、先日観た『最高の人生の見つけ方』でも棺おけリストを作って、実行していくってストーリーだったから同じといえば同じ・・・?

でも、カラーが全く違う。ハリウッド作のように豪快で、楽しめる訳でもなく、かといって韓流のように泣け泣け攻撃でもない。淡々とストーリーは進んで行き、独特の映像の世界に自分までトリップしていくようだった。

彼女のやり遂げたいことは、娘たちにできる限りの愛を伝えることとだんな以外の男と恋に落ちる。

同じ母親の立場で考えるとあんなに小さい子を残して死んでいくなんて考えられない
でも、ちゃっかり浮気なんてやっちゃって、なかなかやるな!って感じだったよ

もし自分がなんて置き換えて考えてみると、やっぱり私は死ぬほど飲んでやるかな~


泣けるのを期待したら違うと思う!




☆3つ

輝く夜明けに向かって (2006・仏・英・南アフリカ・米)

T0005132.jpg


あらすじ


1980年、アパルトヘイト政策下の南アフリカ。石油製油所で熱心に働くチャムーソは、当時の黒人としては裕福な暮らしをしていた。妻と二人の娘との平穏な暮らしを望む彼は、政治やANC(アフリカ民族会議)にも無関心。ある日、石油製油所が反対勢力に攻撃される。現場監督のチャムーソはテロリストを手引きした容疑で逮捕、拷問されてしまう。その拷問が妻の手に及んだ時、チャムーソは自由の戦士として立ち上がる決心をする。



こんにちは、ちひろです。

アパルトヘイトって聞いたことある。人種隔離政策だよね!くらいの知識なんだけど、『ホテルルワンダ』があまりにも重くて、でも感動して、同じ感じかな・・・と思いつつ鑑賞。

黒人で辛い境遇にありながら、人種解放や政治にあまり関心がなく、平穏に暮らしていた主人公が、誤解で、テロリストと間違われ、拷問にあい愛する妻までもそんな目にあわせた白人社会に対し、自由を求め戦いを始めた。

しかし、白人には彼らなりに、テロリストから国を守るという正義があり、大佐役のティム・ロビンスがその苦悩をうまく演じていたと思う。

どうしても彼を許せない主人公は、最後彼を殺してやっと自由になれると思ったが、相手を許してこその自由と気づいた。その勇気がかっこよかった。

思っていたほど重くなく、見やすかったけど、あまり感動もしなくてちょっと期待はずれだったかな・・・




☆3.5

俺たちダンクシューター (2008・米)

img1_1210325102.jpg


あらすじ


1970年代、アメリカではNBAとABAの2大プロ・バスケットボール・リーグがあった。過去にヒット曲を出したシンガーのジャッキー・ムーンは、 ABAのチーム「トロピックス」のオーナーであり、なおかつ監督兼選手だ。試合前に歌を披露してショーアップするも、チームの試合成績と観客動員は悲惨な状況。ある日、ジャッキーはリーグの会合で、NBAに吸収合併される上位4チームを除き、ABAは解散と告げられ…。



こんにちは、ちひろです。

おバカ映画観たくなったので。なんてったって、これだからね

330493_01_02_02.jpg


↑このウィル・フェレルもう、見ただけでなぜか笑える!濃いしぶよぶよしてるし・・・
『俺たちフィギュアスケーター』でも、きもさ炸裂、下ネタ満載で、まあまあ笑ったけど、そのノリではあったけども、笑いはもっと少なく、物足りなかったな。

小ネタがいろいろあったけど。
実話だったらしいから、笑いはこんな感じで良いと思うけど、もう少しスポーツ映画みたくラストはちょっと泣いちゃうくらいのパワーが欲しかったかな。あっ!これはコメディだけどね

笑えず、泣けず・・・でも、DVDなら観て損ってほどでもないかな?
劇場鑑賞された方は残念だっただろうね~
『フィギュアスケーター』の方が面白かったよ



☆2.5

バンク・ジョブ (2008・英)

1007044_01.jpg


あらすじ


イースト・ロンドンで中古車ディーラーを経営するテリーは、知り合いの女性マルティーヌから銀行強盗の話を持ちかけられる。「一生に一度のチャンス」と説得され、計画実行を決意する。テリーは総勢7人の実行メンバーを集め、地下トンネルを掘り金庫への侵入に成功する。しかし、その盗んだ貸金庫の中には、犯罪組織はもちろん、イギリス政府や警察、王室までもが関係する秘密が預けられていたのだ…。



こんにちは、ちひろです。
ジェイソン・ステイサム兄貴の爽快アクション期待したんだけど、これはそんなにアクションシーンはなかった。でも、期待はずれじゃなくて、頭脳派で、敵からの攻撃をうまくかわしててそれがまたかっこよかった
けちな強盗団なんだけど、ちゃんとスーツ着てて、やっぱりいい男だった

実話ベースなので、結果としては、「ふ~ん、そんなことあったのね」って感じだったけど、まさか貸し金庫にそんなに重要なVIPの秘密が隠されてるなんて・・・・

新聞の報道までストップさせるような国家機密って何かって言ったら、怪しいセックスシーンを撮った写真だったり・・・
みんな隠れ変態で、VIPだからこそ問題だけど、まあ、誰しも似たり寄ったりだから気にならないけどね。
でも、やっぱりもし皇室の○○宮のS○Xシーンなんて大スキャンダルだよね

悪徳警官への賄賂を記録した帳簿なんかもあって、強盗として警察に追われるだけじゃなくて、色んな悪い奴らからも命を狙われて、そんなはずじゃなかったのに・・・だっただろうね!犠牲者は出たけど、そこをうまく切り抜けるところは見ものだった

面白かったよ~



☆4つ

プロフィール

ちひろ

Author:ちひろ
ようこそいらっしゃいませ♪

お酒、煙草、映画、ジョニー・デップを愛し、日々ネガティブ指向で文句ばっかり言ってるアラサー主婦です。

心に不満を溜め込まずここで吐き出してしまおうなんてもくろんでます。
よかったらお付き合いください♪

関西出身の現在関東で生きております。

コメントお気軽にどうぞ。待ってます。
リンクフリーです。

おもじゃん(面雀)

何回かやって面白い単語の組み合わせ見つけてみてね♪

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

FC2ブログランキング

ちょっと押してみる?

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。