スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セント・オブ・ウーマン (1992・米)

13006view003.jpg


あらすじ


名門高校に奨学金で入学した苦学生チャーリーは、裕福な家庭の子息ばかりの級友たちとの齟齬を感じつつも無難に学校生活を過ごしていた。感謝祭の前日、チャーリーは同級生たちによる悪質なイタズラを目撃し、校長から犯人たちの名前をあかすなら超一流大学への推薦、断れば退学の二者択一を迫られ感謝祭休暇後の回答を要求される。チャーリーは同級生を売るか、黙秘して退学するかで苦悩しながら休暇に入ることになった。感謝祭の週末、故郷へ帰るための旅費を稼ぐためチャーリーはアルバイトに出ることになっていた。そのアルバイトとは、家族の休暇旅行の同伴を拒否する盲目の退役軍人フランク・スレード中佐の世話をすること。とてつもなく気難しく、周囲の誰をも拒絶し、一人離れで生活するエキセントリックな中佐にチャーリーは困惑するが、報酬の割の良さと中佐の姪の人情的な懇願もあり引き受けることにする。しかし、なんと中佐はチャーリーをニューヨークに強引に連れ出し、とある“計画”の手助けをしろ、という。その“計画”とは……。



こんにちは、ちひろです。
これはもう感動作としか言いようがない!
古い映画だけど、内容は関係ない。

盲目の退役軍人とエリート校の貧乏青年の友情がメインテーマ。
世捨て人のように偏屈に生きてるスレードが、若くて未熟だけどピュアな精神を持つチャーリーによって生きることの意味をもう一度思い出させられたように思う。
チャーリーも安易な道を選ぼうとしそうな自分をスレードによって、何が正しい道かって言うことを知り、
清らかな魂を持ち続けることができた。

ラスト、チャーリーのためにスレードが全校生徒の前で行った演説は心打たれた。

確かに、人生こんな奇麗事じゃやっていけないけど、そんな魂を持ち、守り続けていくことは人間としてとっても大事なことだと思う。


ずっと前に観てかなり忘れてたんだけど、お友達が良いって言ってたので、再鑑賞しましたが、これは何度観ても良い映画だと思った。




☆4つ
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ちひろ

Author:ちひろ
ようこそいらっしゃいませ♪

お酒、煙草、映画、ジョニー・デップを愛し、日々ネガティブ指向で文句ばっかり言ってるアラサー主婦です。

心に不満を溜め込まずここで吐き出してしまおうなんてもくろんでます。
よかったらお付き合いください♪

関西出身の現在関東で生きております。

コメントお気軽にどうぞ。待ってます。
リンクフリーです。

おもじゃん(面雀)

何回かやって面白い単語の組み合わせ見つけてみてね♪

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

FC2ブログランキング

ちょっと押してみる?

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。