スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい夢見たよ♪続編

こんにちは、ちひろです。
『いい夢見たよ♪』の続編なので、最初から見たい方はこちらへ




トオルに手を引かれながら、歩いてるうちにさっきまでの幸せな気分が酔いと共に夜風にさらわれていった・・・。

さっきのキスは何?どういう意味?
だってトオルには好きな人がいたよね?

今日私が告ることにしたのは、ホントは玉砕覚悟。自分の気持ちに終止符を打つつもりだったから。辛いお友達関係をこれ以上続けていく忍耐力がもうないって気が付いたから。
でもね、セカンドでもいいなんて淡い期待がなかったって言ったらウソになる。だってトオルの好きな人にはだんなって呼ばれる彼氏がいたから・・・。

なのに・・・



あんなキスされたら、やっぱり一番になりたい気持ちが抑えきれなくなるよ。

混乱したまま私はトオルの手を離して立ち止まった。彼の瞳の中にほんとの気持ちを見つけたくてじっと見つめたけど、トオルは何も言わず私の視線を避けるかのように私を抱きしめた。その力強さが何を意味してるのか私は理解できなかった。

また手を引かれながら何も話さず気が付けば東口まで来ていた。

立ち止まった彼が今度は私をじっと見つめてる。哀しいけど、その瞳は男そのものだった。
現実は小説みたいにいかないもんだね・・・・小説ならここで「ずっとスキだったよ」なんて言葉聞けるんだろうけど。
実際トオルが口にした言葉は「いい?」
見上げたそこはラブホテル。どうせこんなものだよね・・・


夢にまで見たトオルとのそんな関係。なんか違うけど、うなづくしか出来なかった。



部屋に入ってようやく彼がまともに話をし始めた。
「俺酔ってないけど、お前は?」
「うん、もう醒めちゃったよ」
「飲む?」
「もういいから、で、どうする?寝る?エッチする?」
「エッチする」

そう言いながらもう彼の手は私の太ももからおしりを激しく上下し始めた。
もうそうなってしまっては、私も何も考えられなくなった。
さっきまで色々考えていたはずなのに、多分今の私はホテルの前で見たトオルと同じ瞳をしてるんだろうな・・・

これまで感じたことのない性感と興奮の高まりに我を忘れて、忘我の境地にたどり着いた。

何度も押し寄せてくる快感に身を任せ、気が付けばひとり静寂の中にいた。トオルは果てたまま静かな寝息を立てて、その安定したリズムが、私に平安をもたらした。

どうしても眠りに付くことが出来ず、暗い室内では分からなかったが、時計を見てもう朝になってることを知った。



シャワーを浴び、身支度整えて、
「トオル、練習あるんでしょ?」

寝ぼけた顔で、「そうだね」ってそんな顔見たら、これから私たちどうするなんて話できないじゃん。
「おはよ」そんなキスで、もうしあわせ。
これからなんてまたなるようになれだよね・・・。




そうして一緒にホテルから出たところで、二人で笑いながらまたアイコンタクト。
私たちの前を麻美と小林先輩が腕組んで歩いていた・・・。





どうでしょうか?一応ノンフィクション。
その後はどうなったか気になる?どうでもいっか!
気になって聞きたい方は、コメントください。暴露しますよ♪


なんだか久しぶりにこんなの書いちゃった。ど素人でごめんなさい。酔った勢いで書いちゃいました。


スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

ちひろ

Author:ちひろ
ようこそいらっしゃいませ♪

お酒、煙草、映画、ジョニー・デップを愛し、日々ネガティブ指向で文句ばっかり言ってるアラサー主婦です。

心に不満を溜め込まずここで吐き出してしまおうなんてもくろんでます。
よかったらお付き合いください♪

関西出身の現在関東で生きております。

コメントお気軽にどうぞ。待ってます。
リンクフリーです。

おもじゃん(面雀)

何回かやって面白い単語の組み合わせ見つけてみてね♪

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

FC2ブログランキング

ちょっと押してみる?

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。